体感トレーニングでお腹を引き締める方法

体幹トレーニングとは、体の幹、つまり、芯の部分、簡単に言うと胴体部分を鍛える事で、体にとって大切な筋肉を鍛え、インナーマッスルを鍛える事で、基礎代謝を高くし、太りにくい体を作ります。腰回りの筋トレを行う事により、内蔵が正しい位置になり、便秘などの解消に役立ちます。腰回りの筋肉が衰えると、ぽっこりお腹になってしまいますが、トレーニングする事で改善されていきます。姿勢も良くなりますので、腰痛、肩こりなども改善されます。

体感トレーニングでお腹を引き締める方法

体幹トレーニングは、道具などを使わない為、手軽に始められます。腹筋と背筋を鍛える定番のトレーニングを紹介します。床にうつ伏せになり、肘を肩の真下に来るように置きます。そのまま爪先を立てて爪先と腕だけで体を支えます。鏡があるなら、鏡を見ながら体が一直線になるようにします。10秒くらいで緩め、また繰り返します。慣れてきたら時間を伸ばして、数回を1セットとして、セット回数も増やしていきます。爪先立ちのまま、片足づつ後ろに上げる運動もプラスすると、お尻も鍛えられます。

体感トレーニングをする事得られるメリット

体幹トレーニングをする事により、持久力を高め、日頃から姿勢が良くなりますので、綺麗に見せる事が出来ます。前にも書きましたが、特別な道具を使わずに、場所も其ほど取りませんので、初心者でも手軽に始める事が出来ます。体幹トレーニングは、筋肉は鍛えられますが、消費カロリーは少ないので、ダイエットにはあまり役には立ちません。しかし、筋肉を鍛える事により、太りにくい体に変えていき、同時にボディラインを引き締めてくれるのです。

体感トレーニングについて思う事

体幹トレーニングは、手軽に始められますし、内緒で始めて続ける事が出来ます。ジムに通ったりジョギングやウォーキングをするのも良いと思いますが、やはり近所の方や、職場の方とかに見られると恥ずかしいし、ああ、もう辞めちゃったの?とか言われたりすると恥ずかしさも倍増してしまいます。体幹トレーニングは、自宅で好きな音楽などを流しながら、誰にも見られずにリラックスしながら、自分のペースでやる事が出来ますので、私には向いていると思います。

体感トレーニングはどんな効果があるの?どんなトレーニング?

体幹トレーニングを行うと、身体の芯が鍛えられて、バランスなどがよくなります。また、体幹トレーニングを行うと、腹筋が鍛えられて、ダイエット効果もあるといわれているそうです。
体幹トレーニングの主な運動は、腕立て伏せの状態で、肘を軽く曲げた状態で2分ほど、キープするものです。その他にも、横向きになった状態で、肩肘を立てて、その体制をキープするのが主な体幹トレーニングだと思います。初心者だと1分程できついと思いますが、慣れてくると2分、3分と出来るようになります。

体幹トレーニングで、お腹を引き締める方法は、腕立て伏せの状態な体幹トレーニングを行うのが1番だと思います。1日などでは、お腹を引き締めることができず、継続して行うことで、お腹を引き締めることができると思います。その他にも、体幹トレーニングを行った後に、ランニングなどや、筋肉トレーニングを行うと、更に効果はあがっていくとおもいます。お腹を引き締めるには脂肪を燃やさなければいけないので、体幹トレーニングなどでは、長期的にみて、行うべきだと思います。

体幹トレーニングを行うことで、得られるメリットとして上げられるのが、基礎代謝のアップと身体のバランスや運動不足の人には運動にもなるので、運動を全くしていない人からしたら、様々なメリットがあると思います。その他にもアスリートなども行っているトレーニングなので、運動をしている人にとっては、身体の芯を鍛えられ、更に身体を鍛えることもできるので、アスリートの方は体幹トレーニングを行うメリットは多々あると思います。

体幹トレーニングは、実際自分も部活を行っている時にやった経験があるのですが、簡単そうに見えて、とてもきついです。また、体幹トレーニングを長期的に行うことで、身体のバランスがよくなり、更に身体を引き締めることができました。体幹トレーニングは、長友選手が行なっていたことから広まっていきましが、今は世界中でも行われているトレーニングなどで、やり方さえ間違えなければ、いい効果が得られると思います。また自分の友人は腰痛を持っていましが、体幹トレーニングを行うことで、少し痛みが軽減したと聞いたことがあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする