インナーマッスルを付けて筋肉強化!

体感トレーニングはどんな効果があるの?どんなトレーニング?
体幹とは、インナーマッスルのことで、別名「姿勢保持筋」ともいいます。
見た目ではわからないようなところの筋肉のことで、鍛えてもムキムキにはなりません。
また、骨や内臓を正しい位置に保つためにも必要な筋肉のことです。
体幹トレーニングでは、そのインナーマッスルを鍛えることができます。
体幹トレーニングでは、回数をこなすことよりも質を重視して行います。
ゆっくりとした動き、姿勢をキープさせることで鍛えていくようなトレーニングを行います。
2. 体感トレーニングでお腹を引き締める方法
お腹を引き締める体幹トレーニングでは、「フロントブリッジ」が効果的です。
うつ伏せになり、両肘を肩幅に開き体を起こします。
また、足はつま先立ちになりこちらも肩幅に開きます。
首から足首までをまっすぐに保ち、その姿勢のまま30秒キープさせます。
30秒を1セットとして、1日4セット行います。
「フロントブリッジ」では、一般的な腹筋ではなかなか鍛えることが難しい下っ腹を鍛えることができ、ぽっこりお腹の解消にも効果的です。
3. 体感トレーニングをする事得られるメリット
体幹トレーニングでは、インナーマッスルを鍛えることができますが、インナーマッスルを鍛えることで、正しい姿勢を保つための筋肉が強くなります。
良い姿勢を保つことができると、見た目もすらっとした印象に見えて好印象にうつります。
猫背では暗い印象になってしまいます。
姿勢が悪いままで過ごしていると、肩こりや代謝の低下にもつながります。
また、骨や内臓を正しい位置に保つための筋肉でもあるため、骨や内臓のずれによる余計な負担をかけることもなくなります。
4. 体感トレーニングについて思う事を自由に書いてください
体幹トレーニングでは、一般的な筋トレで鍛えることができる筋肉とは違い、インナーマッスルという体の内側の筋肉を鍛えることができるので、ムキムキになる心配がないと思います。
また、姿勢を良く保つことは、見た目を良くするという面でもプラスになりますが、やはり健康にもいいことだと思うので、体幹トレーニングはこれからも続けていこうと思います。
あと、体幹トレーニングって、姿勢を保つことがメインなので簡単にできるように思えますがけっこう大変です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする