体幹トレーニングで幅広い部位を鍛える

体感トレーニングはどんな効果があるの?どんなトレーニング?
体幹トレーニングで得られる効果として、持久力を高めたり、日頃の姿勢を綺麗に見せてくれる効果が得られます。

体幹トレーニングは、腹筋や背筋、腹部や臀部、太ももといった幅広い部位を鍛えることで効果を発揮します。
腹筋と背筋を鍛える方法として、床にうつ伏せになり、肘を肩の真下に置き、そのままつま先と前腕だけで身体を支えます。
この状態で10秒間維持して、数セット行います。
腹部と臀部を鍛える方法として、四つんばいになり、5秒かけてお尻の筋肉を意識しながら足を後ろに上げ、その状態から5秒かけて腹筋を使い膝を顎の手前に持っていくのを左右10回行います。
太ももを鍛える方法として、仰向けになり膝を立て、おへそを突き出しお尻を持ち上げます。片足を逆の膝の高さまで上げ、
一直線に伸ばして10秒キープ、左右交互に20回行います。
このようなトレーニングを1回10分程度、それを週に2回から3回行うことで効果が期待できます。
2. 体感トレーニングでお腹を引き締める方法
お腹を引き締めるには、体幹トレーニングでお腹周りを引き締め、鍛えることで、腹筋や太ももの裏側、お尻の筋力が鍛えられるので内臓を正しい位置へと戻してくれ、お腹を引き締めることができるのです。

お腹を引き締めるのに効果が期待できる体幹トレーニング方法として、腕立て伏せの体勢をとり、肘を曲げて肩の下に肘がくるようにして床につけます。このとき、頭からお尻まで一直線にすることがポイントです。息を吸いながらお腹を膨らませて、ゆっくり息を吐きつつお腹をへこませて、そのままの状態をキープしながら、15秒から30秒呼吸を繰り返すトレーニングを1日3セット行うことでお腹の引き締めに効果的です。
3. 体感トレーニングをする事得られるメリット
体幹トレーニングのメリットとして、まず「腰周りの筋肉を鍛えることができること」です。
体幹トレーニングを行うことで腰周りの筋肉を鍛えてくれるのでぽっこりお腹の改善にもつなげてくれます。
次に「内臓が正しい位置になること」です。
腰周りの筋肉を鍛えることで、内臓の位置が正常に戻してくれます。
これによって、便秘や消化不良の改善にもつなげてくれます。

「姿勢がよくなる」ことも体幹トレーニングのメリットです。
身体の中心部分の筋肉を鍛える体幹トレーニングを行うと全身をしっかり支えることができるようになり、肩こりや腰痛などの改善にもつなげてくれます。

「身体のラインが美しくしてくれる」メリットも得ることができます。
体幹トレーニングでは外側の筋肉と内側の筋肉を両方鍛えることができ、それによって健康的で美しいボディラインを形成してくれます。
4. 体感トレーニングについて思う事を自由に書いてください
体幹トレーニングは難しいトレーニングと言うイメージがありましたが、そうではなく自宅でも手軽にできるトレーニングが多く
正しく行うことで、姿勢を良くしたり、お腹を引き締めてくれたりといった外側から働いてくれるだけでなく、内臓の位置を正しい位置に
してくれたりといった身体の内側からも働いてくれるので、体幹トレーニングを日常生活に取り入れることで身体の外側と内側両方を
効率よく鍛えてくれ、1つのトレーニングで色々な箇所を鍛えてくれるので、マルチに効果が期待できますと言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする